2011年04月04日

田舎暮らし物件【軽井沢】

高山植物が織りなす北軽井沢庭園別荘地。充実の施設と管理を誇る成熟のリゾート

一戸建て
群馬県吾妻郡嬬恋村
2380万円〜2760万円
土地面積:1017.99m2〜1086.42m2
建物面積:70.89m2〜93.15m2





中軽井沢駅より車で約20分。自生の樹木を活かして建物を建てるオーナーが多い

田舎暮らし関連リンク州

田舎暮らし信州


田舎暮らし九州

田舎暮らし千葉

田舎暮らし関東

田舎暮らし関西

のんびり田舎暮らし

posted by inakappe at 12:38| 田舎暮らし知識情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

田舎/都会、賃貸/持家、集合住宅/一軒家、建替え/リノベーション、あなたはどっち?

ある人は自然に向き合って暮らしたいから、田舎を選んだと言います。都会暮らしを楽しんでいる人は、街中のカフェも自分のための寛ぎ空間だと言います。

気ままに生活スタイルを修正できるから、賃貸が安心と言う人がいます。持家派はいずれは不動産資産が残り、老後に安心感が得られるのが魅力と言います。

集合住宅の良いところは、共用施設と入居者同士の交流と言う人がいます。一軒家はプライバシーの確保や家庭菜園やペットと同居など、自由度が高いのが魅力と言う人がいます。

自由にプランニングして、最新の性能を備えた家に建替えたいと言う人がいます。古民家をリノベーションして、先住者のライフスタイルを住み継ぎたいと言う人がいます。

住まいに何を求めるかは人それぞれ。でも共通しているのは、自分らしく暮らしたいというパーソナルなニーズを最優先したいということ。つまり、理想的な「住まい」を探すということは、理想的な「生き方」を実現したいということじゃないでしょうか。

地球上に同じ人がいないように、ひとつとして同じ住まいはないはず。だからこそ、自分にピッタリの住まいを探すのはワクワクするんですね!
posted by inakappe at 22:22| 田舎暮らし知識情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

田舎暮らしでの土地探し


田舎暮らしをするに当たっては、借りるのではなく、好きなように家を建てたいという人も多いはずです。そのためには、まず土地を手に入れなければなりません。 最近では、インターネットでも土地を購入できる便利な時代になりました。インターネットであれば、わざわざ足を運ばなくても、気軽に土地を購入することができます。便利といえばこれほど便利な仕組みもありませんが、田舎暮らしをするための土地は重要なものです。よほどの理由がなければ、インターネットで検索するだけでなく、地元の不動産店にも足を運びたいものです。自分の目でしっかりと現地を見て、納得した上で購入したほうがトラブルがありません。 田舎暮らしをするための土地は、今後の生活の基盤となるものです。決して安い買い物でもありません。念には念を入れて、季節を変えて土地の様子を確認するくらいの慎重さが欲しいですね。夏には最高の土地で田舎暮らしができると思えたのに、冬になってみたら最悪の土地になってしまたっということもあるかもしれません。購入後にこんなはずではなかったと思わないためにも、田舎暮らしをするための土地はじっくりと探しましょう。 田舎暮らしをするための土地は、良い場所にばかりあるとは限りません。山を切り崩した急な斜面になっていて、車で行くことが不便なケースもあります。また、田舎暮らしをするための土地への道があまりにも細いと、家を建てる際の物資が運びにくくなるかもしれません。田舎暮らしをするための土地は、今後の計画にふさわしいかどうかを見極める必要があります。

参考サイト↓↓↓↓↓
http://www.nonbiri-inakagurashi.com/mametisiki/land.html
posted by inakappe at 01:04| 田舎暮らし知識情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

田舎暮らし 自給自足について

以前、衝撃の記事を目にしました。

それは、世界中の食料を、世界中の人々に平等に分け与えると、すべての人が餓死してしまうのです。つまり供給が需要に追いついていないのです。

それはなぜか?もっとたくさん作ればいいのにと思うかもしれませんが、そうはいきません。




大きな単純な原因は、地球上で農耕に適する土地が少ないということです。言ってしまえば人口の多すぎです。これはどうすることもできません。

中国では一人っ子政策などとやってますが、すべての国で実施するわけにはいかないでしょう。人口が減れば国力が落ちます。実際日本では少子化により、様々な問題が起きています。

ところが身の周りでは、食糧不足を感じることはありません。逆に食べ物であふれかえっています。賞味期限が過ぎたからといって処分、売れ残ったからといって処分、早食い競争や、大食い競争などで食べ物をおもちゃにするといったことまで行われている始末です。

しかし実は、今の日本でも食料は足りていないのです。さっきと話が違うじゃないか!と思われるでしょう。確かに。

でも自給率で考えた場合は足りないのです。もし今、何かの影響ですべての食料が輸入禁止になったら、誰かが確実に餓死するのです。

誰かって?分かりますよね。消費だけする人です。国は何もしてくれません。いや、しても意味がないのです。生きるか死ぬかと言うときに国が食料を出せ!といったからって、出しますか?出せば自分が餓死するんですよ。

このように今の日本は、非常に危うい状況にいるのです。このことを国が率先して解決しようとするはずがありません。いまだ外国との摩擦をおそれて、減反政策をしているほどですから。米が自由化になったというのに・・・。

やはり、これからは生産者でなくては安心できません。もちろん政治的背景からだけでなく、ものを作り育てることは、生きていく上でかけがえのないものでもあるからです。
posted by inakappe at 23:18| 田舎暮らし知識情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

田舎暮らし 千葉での人気物件や場所

田舎暮らし千葉県でお勧めする場所パート1


茂 原 市


外房の中心都市・茂原市です!
巨大ショッピングセンターから映画館まで何でも揃っていて、
生活はとにかく便利!都会並み水準と言えるでしょう。
大手企業の巨大工場がいくつも集積しているため転勤族も多いし、
都内への通勤圏のため通勤族も多い!人口約10万人の典型的な地方都市です。
とはいえ、郊外には田園風景が広がり、田舎環境も存分に味わえますよ!
ただ海岸から離れているのでリゾート性は全くありません。
「リゾートを兼ねた田舎暮らし」を求めている方はもう少し海沿いへどうぞ。
ここは「生活便利なプチ田舎暮らし」を求めている方にお勧めしたい街です。
posted by inakappe at 21:53| Comment(0) | 田舎暮らし知識情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。